トップ  > マンガで分かる! 就労移行支援事業所ってなに?

マンガで分かる! 就労移行支援事業所ってなに?

※漫画の後に詳細な説明を載せております。そちらも併せてご覧ください。








漫画:カズー
HP:ケータイ空間
 

就労移行支援事業所とは

就労移行支援事業は障害者総合支援法に定められた障害福祉サービスの1つです。
「就労移行支援事業所」とは、そのサービスを提供する事業所のことです。

就労移行支援事業所は、障害のある方が一般就労を目指す際にそれをサポートする通所型の福祉サービスです。
身体障害、知的障害、精神障害、発達障害や難病の方も対象です。
手帳の有無にかかわらず、自立支援医療をお持ちの場合など、医師の診断や自治体の判断などによって就職に困難が認められる方がご利用になれます。
サービス内容は事業所によって異なります。
仕事に関する知識やスキルアップと就職活動のサポート、就職後も長く働き続けられるよう職場への定着支援も行っており、就労移行支援事業所から卒業したあともそのサポートは続きます。

※当事業所の詳細な支援について他のページをご覧いただくか、直接お問い合わせください。

 

利用の期間、費用などについて

就労移行支援の標準利用期間は最長2年間までご利用することが可能です。
障害福祉サービスの利用料金(利用者負担額)はサービス提供費用の1割を上限とし、世帯所得に応じて負担上限額が設けられています。
また利用者本人の収入状況などによって利用者負担額の軽減措置があります。

利用者負担額の軽減措置については、下記の表をご参考ください。

 所得を判断する際の世帯の範囲は、18歳以上の障害者の方であれば本人とその配偶者の方です。
 利用料などについては難しい点も多いので、詳細につきましては各事業所や、自治体にお問い合わせください。
 

 

「はまゆうワークセンター自由ヶ丘」の取り組みについて

当事業所では「施設外実習」での実践力の強化を基軸に、「座学」「SST」にも積極的に取り組んでおります。
また、月1回程度の余暇活動で、余暇を楽しむ勉強も定期的に行っています。
卒業後もしっかりとした定着を目指して継続した支援を行っております。
卒業生も余暇活動にはご参加いただけ、卒業後も気軽に来れる事業所、を目指しています。

当事業所「はまゆうワークセンター自由ヶ丘」の取り組みについては、
リンク先のページもご参照ください。

①はまゆうワークセンター自由ヶ丘の特色

②はまゆうワークセンター自由ヶ丘での支援


③はまゆうワークセンター自由ヶ丘の紹介

④当ホームページトップページへ

【就労移行支援事業所】
【就労継続支援B型事業所】
【放課後等デイサービス】
社会福祉法人さつき会

〒 811ー4163

福岡県宗像市自由ヶ丘
3丁目16番地1

TEL:0940-35-7171
【ワーク自由ヶ丘】
TEL:0940-62-6363
【じゃんぷ】

FAX:0940-35-7172